<破損状況比較>
ガラス(品名) ドライバーを使ったこじ破り バールを使った打ち破り
フロート板ガラス
一般的なガラスで多く使用されています。簡単に割ることができます。
網入りガラス
網は火災の延焼を防ぐ目的。フロート板ガラス同様、簡単に割ることができます。
セキュオ30
約0.8mmの中間膜があるためにフロート板ガラスよりも割れにくくなっていますが
クレセントがを回せるくらいの穴は簡単に開きます。
セキュオ60
約1.5mmの中間膜があるために、クレセントを回す穴をあけるまでに時間がかかります。
セキュオ90
約2.3mmの中間膜があるために、クレセントを回す穴をあけるまでにさらに時間がかかります。
セキュオSP
ポリカーボネート板があるために、クレセントを回す穴をあけるまでにセキュオ90よりさらに時間がかかります。
セキュオPY
フロート板ガラスは割れましたが、超強度の「パイロクリア」があるためになかなか穴が開きません。
■破壊は一例を掲載しております。
■ガラスを破壊する人の体力・技術などによって状況は変わります。
 
←戻る
 
Kanegen.,co ltd © 2001. All rights reserved.