Menu Home 新着情報 会社案内 教室案内
こちらのページは、トップページではありません。 トップページへの移動へは、上記MenuHomeをクリックしてください。

●ガラス破りの対策が必要です。
ピッキングによる特殊工具を用いた侵入手口が
増える一方、「ガラス破り」による犯罪も増加
傾向にあります。
安心・安全に暮らすための防犯対策には、
総合的な配慮が不可欠です。

防犯性能に加えて、優れた断熱性能を発揮する
防犯複層ガラス「セキュオペア

●ガラス破りによる侵入手口とは...
  @ドライバーを使ってガラスにヒビを入れ、音を出さないように破壊する「こじ破り」
  Aガラスてら割る音を気にせずにバールなどでガラスを破壊する「打ち破り」

<戸建て住宅へのガラス破りの侵入口>

侵入者はどこの窓からでも侵入します。
低い窓・高い窓・格子のついた窓、様々な窓がありますが、ガラスと見れば侵入者は破壊して侵入します。

そこで必要なのは、ガラスの防犯性能
ガラスには様々な種類のガラスがありますが、どのガラスを使えばいいのか?
ガラスの種類を見てみましょう!

防犯性能が劣る
●フロート板ガラス
一般的なガラスで多く使用されています。簡単に割ることができます。
●型板ガラス
視線を遮る模様の入ったガラス。
フロート板ガラス同様、簡単に割ることができます。
●網入板ガラス
網は火災の延焼を防ぐ目的。フロート板ガラス同様、簡単に割ることができます。
●強化ガラス
フロート板ガラスの強化をしたガラス。割ると細かい粒状になるので割れても安全ですが、防犯性能はフロート板ガラスと同様です。
●複層ガラス
2枚のフロート板ガラスの間に中空層をもうけたガラス。割れたときにガラスの破片が取りにくいが防犯性能は期待できません。
●合わせガラス
2枚以上のガラスを強靱な樹脂中間膜で接着したもの。さらに中間膜にポリカーボネート板を挟むことで防犯性能を向上させることができます。
●合わせ複層ガラス
複層ガラスの片側または両側に合わせガラスを使用したもの。中間膜にポリカーボネート板を挟むことで防犯性能を向上させることができます。さらに断熱性能に優れています。
より防犯性能が期待できる!
ガラスの破壊状況を写真入りで解説しています。→→→

セキュオ防犯性能比較
クリック → 2枚のガラスに約0.76ミリの中間膜
クリック → 2枚のガラスに約1.52ミリの中間膜
クリック → 2枚のガラスに約2.28ミリの中間膜
クリック → 2枚のガラスに1.2ミリの強靱なポリカーボネイト板と中間膜
クリック → 超強度の防火ガラス「パイロクリア」とフロート板ガラスの間に約1.52ミリの中間膜
「省エネリフォームに関する補助事業」は終了しました。



Kanegen.,co ltd © 2001. All rights reserved.